同棲におすすめの間取りは?選ぶ5つのコツと同棲するメリットとデメリットも解説

初めてもしくは久しぶりの同棲で、どんな間取りの賃貸物件を選べば良いか悩んでいませんか?

「1人1部屋ほしい」「リビングが広いお部屋がいい」など、色々と希望の条件があると思います。

 悩み過ぎて「何が良いのか」分からなくなってしまっている人もいるのではないでしょうか?

 そこで今回は、エージェントとして累計400部屋以上の契約実績を持つ、お部屋探しのプロの目線から、おすすめの間取りをご紹介します!

これからお部屋探しをする予定だったり、お部屋探しが難航しているカップルは、ぜひ参考にしてみてください。

同棲におすすめの間取りを選ぶ5つのコツ

一番の大きなポイントは、お2人がどのような点に重きを置くかが重要。

“お部屋探しのコンセプトを決める”ということです。

「広いお部屋がいい」「家賃を抑えたい」など。

はたまた「とにかくオシャレなお部屋がいい」といったように、様々なポイントが挙げられるでしょう。

その中でも、特に重要なポイントを5つご紹介いたします。

①1人の時間も大切にできる間取りを選ぶ

カップルといえど、“赤の他人”です。常に2人でいるとストレスが貯まることもしばしば。

それを回避するためにも、「1人でまったりできる時間」を作れる間取りが良いでしょう。

②寝室とリビングが離れている間取りを選ぶ

①と同じような内容ですが、仕事などの兼ね合いで、生活リズムがバラバラなことが多いです。

寝ているときに、お相手が動き出すと、生活音や照明の明るさが気になってしまう場合も。

「自分はまだ起きなくてもいいのに」とストレスに感じてしまうかもしれません。

寝室とリビングが離れていれば、相手への配慮を最小限にして生活できるでしょう。

③バス・トイレ別の間取りを選ぶ

同棲の場合、お風呂のタイミングが合わないことがあります。

そのような場合、相手の方がお風呂上りの「水浸しトイレ」を使用しなければならないといった状況が、必ずやってきます。

あなたはそれに耐えられますか?ぜひ自問自答してみてください。

また、どちらかがお風呂に入っているときは、トイレに行けないなどのデメリットもあります。

デメリットがデメリット過ぎますよね。【バス・トイレ別】は、必須条件でお部屋探しをしましょう。

④独立洗面がある間取りを選ぶ

男性・女性に限らず、朝の準備で大活躍です。

独立洗面は、男性にとっては寝ぐせ直しに髪の毛セットに利用。女性も髪の毛のセット、他にもお化粧するなど、使い勝手が良く時短にもつながります。

独立洗面台ではない場合は、お風呂場に洗面台が設置されているか、“洗面台がそもそもない”なんてことも。お風呂場に設置されているお部屋では、③と同じく「水浸し洗面台」を使用しなければならない状況が出てきます。

朝の忙しい時にイライラしてケンカの原因になりかねません。

また、浴室洗面台の場合、「歯ブラシやワックスなどを置いておけない」といったデメリットもあります。

お2人とも働いているカップルは、「独立洗面」がある間取りはお部屋探しの必須項目に入れましょう。

⑤収納が多い間取りを選ぶ

荷物の多い少ないに限らず、収納が多い間取りはおすすめです。

荷物が多い場合、収納が少ないお部屋だと、そもそも荷物が入りきらない可能性があります。

反対に荷物が少ない場合、収納がたくさんあるお部屋では、全てクローゼットに収まるので、お部屋が広く使えます。

同棲のメリットとデメリットは?

次に、同棲におすすめの間取りを選ぶポイントがわかった上で、同棲するメリットやデメリットも解説していきます。

あらかじめ同棲するデメリットを知っていれば、お互いに理解し対応できることが見つかるでしょう。

同棲のメリット

大きなメリットは、生活費を抑えられることです。

カップルでそれぞれ一人暮らしをしている場合、同棲してしまえば1部屋分の家賃で済みます。

また、総務省統計局の家計調査報告によると、単身世帯より2人世帯の方が光熱費や食費を含めた、生活費が約1万円ほど安いと調べられています。

マイホームの購入や、お子様の出産なども視野に入れた同棲では、家賃や生活費が安いに越したことはありません。

結婚前であれば、お相手の“裏”の顔を見れることもメリットといえます。

実際に同棲すると、自分が我慢できないほどの嫌な習慣やクセがあることも。

そのような場合、最悪のケースですが結婚前でしたら、お別れを告げることも視野に入れられます。

同棲のデメリット

同棲することでケンカの回数が増えてしまうカップルは、少なくありません。

これには様々なことが考えられますが、1番は“一緒に居ること”への慣れでしょう。

お互いに、気を遣わず生活できるのはよいことです。

しかし、慣れてしまった事で“配慮がなくなる”のはナンセンス。

「親しき仲にも礼儀あり」とまでは言いませんが、ある程度の配慮は必要です。

また、同棲となると、生活リズムも問題になるでしょう。

ある程度お互いのリズムに合わせる必要があり、慣れていない生活で健康に支障をきたしてしまう場合も。

よく話し合い、お互いが気持ちよく生活できるルールを作る必要があるかもしれませんね。

同棲におすすめの間取りは?

では実際に同棲する際、どのような間取りが良いのでしょうか?

選ぶ間取りによってコンセプトが違うので、参考にしてみてください。それぞれのメリット・デメリットもご紹介します。

①1LDK

1LDKは王道の間取り。

メリットはリビングが広いことによって、インテリアの配置がしやすい点です。

私の個人的な考えですが、「大は小を兼ねる」と思います。

荷物の量などに個人差があるため、一概には言えませんが、大抵の場合は当てはまるはず。

リビングが広いと、ソファやダイニングテーブルが置けたりなど、生活スタイルの自由度はかなり上がります。

また、リビングとは別にもう1部屋ある間取りなので、寝室と生活の場を分けられるのも高評価。

配置によっては、エアコンが1台で足りる間取りでもあるので、電気代節約にも繋がるでしょう。

王道の間取りと言えど、デメリットもあります。

それは、賃料の高さ。1LDKという間取りは、築年数が新しめの物件に多いです。その為、賃料が高くなってしまう可能性大。

しかし最近では、築年数が古い2DKや3DKのお部屋を、リノベーションで1LDKにしているお部屋も多くなってきました。

そのような物件があれば、“相場より安い1LDKのお部屋”に住めるので、案外ねらい目でしょう。

1LDKを選ぶうえで、もう1点注意したい点があります。

それはリビングの広さです。

LDKという間取りの定義が「LDKで8帖以上あること」となっています。

キッチン含めての帖数なので「LDKが9帖」位の広さだとかなり狭いです。1LDKでお部屋探しをするときは、しっかりとリビングの広さまで確認しましょう。

②2DK

2DKは1人1部屋を確保したいカップルに、おすすめの間取りです。

ダイニングキッチンとは別にお部屋が2部屋あるので、それぞれの生活スペースを分けられます。

また、1LDKに比べて家賃の相場が安い点もGood。

お部屋の専有面積(室内の広さ)は1LDKと同じ位なので、「家賃を抑えたいけど、広めのお部屋がいい」という場合は、ピッタリの間取りです。

その反面デメリットは、築年数の古さがゆえに、水回りなどの設備系も使用感がある古めなものが多いこと。

壁紙やクッションフロアという床材は、数年ごとに貼替されます。

しかし、設備系は簡単に交換するものではないので、古いものが多くなってしまうのです。

また、生活する上で、それぞれのお部屋にエアコンが必須となる間取りでもあります。

完全にお部屋ごと区切れるので、片方のお部屋だけにエアコンを付けて、空気を循環させるのは難しい間取りが多いです。

DKは狭い場合が多く、そこにテーブルを置いてご飯を食べるのが難しい訳ではありません。

しかしLDKほどのゆとりがないのも事実。あくまでも「家賃を抑えたい」といった場合に、おすすめできる間取りと言えます。

③1DK

1DKは1LDK・2DKより、ワンランク小さい間取りです。

DK意外に、1部屋お部屋があります。

こちらの間取りのメリットは、家賃がさらに安くなる点。

専有面積的にも、1人暮らし用に近い間取りなので、その分お家賃も安いという訳です。

荷物が少なく、同棲できるお部屋でとにかく安いお部屋をお探しの場合は、1DKがおすすめ。

1Kでは基本的に“単身のみ”が主流。

そのため、同棲できる一番小さいお部屋の間取りがこの1DKです。

最近増えてきた“ミニマリスト”のカップルには、ベストな間取りかもしれません。

デメリットは、間取りの使いにくさにあります。

例えば「DK:5帖、洋室:6帖」の場合、寝室兼生活スペースとなるお部屋は、6帖です。

6帖のお部屋にはベッドとTVを置くと、他の家具類はほぼ何も置けません。

ダイニングキッチンには、冷蔵庫の他に炊飯器などを収納する棚を置くため、有効的に使えるスペースが少ないです。また、生活の導線がたくさんあるパターンが多いので不便に感じることも多いでしょう。

有効活用できないなら、「洋室が広い1Kなどの間取りの方が使いやすい」となります。

しかし単身限定などの問題が発生するため、お部屋探し負のループにはまります。

まとめ

今回は同棲する際の間取りの選び方や、おすすめの間取り・その間取りぞれぞれのメリット、デメリットについてご紹介させて頂きました。

同棲するのは、他人同士がひとつ屋根の下、生活を共にするということ。

小さなことが気になってしまったり、生活リズムの違いが産まれたりすることは当たり前です。

そのストレスを、少しでも軽減できるお部屋が見つけられるといいですね。

内見関連などで参考になる記事

お部屋探しのサポートをさせてください!

『部屋探しはどこの不動産屋も同じだよなぁ』と思っていませんか?

  • 「扱ってる物件はどの会社もほぼ同じ」は本当。
  • 同じ物件なのに、契約する会社によって費用が違う。
  • 相談する会社を変更するだけ10万円以上安くなる場合も。

\不動産会社によってサービスや価格は全然違います!/

物件の良し悪しをちゃんと教えてくれて、
入居審査の相談にものってくれて、
家賃や初期費用の交渉もしてくれる会社があれば…
賃貸の契約で損したくない…

と思ってる方は、是非一度ご相談ください。

一律報酬の不動産屋だからこそできるサービスと納得価格でしっかり理想のお部屋を見つけられるようにサポートさせて頂きます!

line問い合わせichikari

関連記事

「お部屋探しの教科書」とは・・

お部屋探しのプロたちがお部屋探しを始めたい人や、初心者のために不動産知識や部屋探しの話を基礎からわかりやすく解説してるメディアサイトです。

一律報酬の不動産屋「ichikari(イチカリ)」が運営しており、当サイトの記事は全て部屋探しの専門家が監修しております。

人気記事ランキング

  1. 【お部屋を借りる】最低限知っておくべきポイント”準備金と全体の流れや段取り”を解説!《保存版》

  2. 【保存版】引越しが決まったらやること25選 | 一人暮らしの引っ越しスケジュール&準備やること2022年最新版!

  3. 【引越し準備】引越し先へ郵便物を無料で転送する方法とは?e転居や転居届について解説!