部屋探しエージェント

中野由妃絵Yukie Nakano

一緒に働きたい方はこちら-agent募集

▍profile

氏名 中野由妃絵 NAKANO YUKIE
資格 宅地建物取引士
出身 北海道
現在 新宿区在住
趣味 FEELCYCLE、美味しいご飯食べる

▍SNS

Twitter TikTok Instagram
YouTube clubhouse note

▍経歴

不動産業界歴約6年。賃貸仲介営業を約4年経験し、その後大手デベロッパーに転職、マンション用地の仕入れ営業を約1年経験。その後、個人事業主として賃貸仲介の営業に従事し、21年2月にイチカリを立ち上げる。賃貸仲介の契約件数累計500件以上

▍得意

  • お客様のお悩み解決
  • ライフプランを一緒に考える
  • 入居審査を通す
  • 初期費用の減額交渉

エリア

  • 東京23区内(特に新宿近辺)
  • 都内に近い神奈川、千葉、埼玉エリア

▍メッセージ

初期費用でお困りな方、入居審査にご不安な方、不動産屋に不信感を持たれてる方、

お客様の利益に繋がらない提案は絶対にいたしません。是非、一度ご相談下さい。

不透明なサービスで「損をしているお客様が多い」この現状を変えたい

不動産業界は約40兆円もの巨大市場ながら、お客様の利益に繋がらない古い仕組みや業界のしきたりが未だに多いです。


情報がオープン化されてないために顧客側が物件情報を不動産会社に問い合わせなければ最新状況がわからない仕組みです。

その為、集客の目的で「おとり広告」を掲載して来店率を上げようとする不動産会社が多く、「顧客第一」と言いながら必要のない料金を上乗せ請求したり、自社利益しか考えてない会社がほとんどです。

なので、昔から「怪しい」「信用できない」といったネガティブなイメージが染み付いてる業界になってるのだと思います。

 

「一律報酬×借りる」不動産屋を作った理由

不動産会社に入る報酬は同じ家賃でも物件ごとで違うため、報酬が高い物件に対してデメリット言わなかったり、報酬が低い物件を選ばせないような営業トークをして”偏ったアドバイス”に繋がることが多く、実情を知らずに契約をして損をしているお客様が正直多いです。

 

なので、私は報酬を一律にしてお客様に開示する事にしました。
そうする事で、「嘘」や「かけひき」等がいらなくなり、お客様に寄り添った提案ができるので、本当の意味での理想のお部屋を紹介する事ができます。

 

私は「物件」ではなく「提案」が商品だと考えており、AIなどの機械には代替できない「深いコミュニケーション」を前提とした「提案」にこそ価値があると思っています。

ただの”物件紹介”ではなく、お客様に寄り添い理想を叶える為の”提案”をし、お部屋探しの不安や不信を満足に変えてるような営業を追求します。

 

「お部屋探しの教科書」とは・・
 
お部屋探しのプロたちがお部屋探しを始めたい人や、初心者のために不動産知識や部屋探しの話を基礎からわかりやすく解説してるメディアサイトです。
 
一律報酬×オンライン不動産屋「ichikari(イチカリ)」が運営しており、当サイトの記事は全て部屋探しの専門家が監修しております。