【意外と厳しい入居審査!?】入居審査のチェックされる内容は?通る人・落ちる人の違いと審査の流れについて解説!

お部屋探しで不動産屋さんに行き、内見して住みたい物件を申し込みしてウキウキ…のはずが….審査に落ちたorz

という方が結構多いです。お部屋探しから入居までで1番の難関は、入居審査です。
この入居審査の審査に通らず、お部屋探しを初めからやり直し…悲しいですよね。

今回の記事では、そもそも「入居審査って何をするのか?」「何を基準で行っているのか?」「入居審査を通りやすくする為の対策」などを不動産業界歴約8年の筆者がわかりやすく解説いたしますので、これからお部屋探しをされる方や、既に審査で困ってる方は是非参考にして頂ければと思います!

この記事を読むことによって得られること
・入居審査の理解
・入居審査の判断基準
・入居審査で判断される内容
・入居審査に通りやすくなるコツ

そもそも賃貸契約の入居審査とは?なぜあるのか?

賃貸の契約する際にある入居審査とは

まず、お部屋を借りる際に申込をしますが、全ての人がそのままお部屋を借りられるわけではなく、入居審査に通った人だけが借りられます。

なぜ、入居審査があるのかというと、オーナーさん(部屋を貸す人)にとっては、「騒いだり、設備を壊したりしそうな人」に物件を貸すのは不安です。
また、家賃を滞納しそうな人に貸すのも不安ですし、家賃滞納を払えなくなった場合、保証してくれる人がいるのかも心配な点になります。

そのため、このような貸主にとっての心配や不安な部分を未然に防ぐために入居審査が行われているのです。

よくSNSなど見てると「最初に多くお金を払えば借りれるよ」など書いてる人がいますが、貸主さんがNGと言ったらいくらお金を払ってもその物件は借りる事ができないので注意!

賃貸入居審査でチェックされるポイント&審査が通りやすい人の特徴

入居審査では、「常識のある人か?」、「家賃の支払い能力はあるのか?」、「連帯保証人の保証意思はあるのか?」といったことをチェックします。

より具体的に審査でチェックされる項目は下記です。

【入居審査チェックポイント】
・収入
・職業(雇用形態)
・勤続年数
・引っ越し理由
・複数人での入居であれば、関係性の確認
・連帯保証人がいる場合は、連帯保証人の家賃支払い能力
・進学する人は合格証明書の確認
・就職する人は内定通知書の確認

といった内容が見られます。

上記の入居審査の内容の中で1番重要視されるのは、『家賃の支払い能力』です。

基本的には、賃料と収入のバランスが見られ、毎月の月収が『賃料×3ヶ月分以上の金額』を超えているか。←この金額が一般的な基準になります。

その次に重要視されるのが、職業(雇用形態)です。

先に結論からお伝えしますが、入居審査に通りやすいのは、公務員や大企業の正社員など社会的信用がある方です。

やはり、社会的に信用のある方ですと、お給料も安定しており家賃滞納リスクなども低いという風に考えるオーナーさんや不動産会社が多いです。

また、勤続年数もポイントの1つとなり、勤続年数が長いと評価され通りやすくなります。

その他にもプラスで、勤務先の職種、連帯保証人がいる場合同じ内容が見られ、このバランスがチェックされます。

入居審査に通らない理由って?通りにくい人の理由と特徴

入居審査に通りやすい人については前述しましたが、入居審査に通りづらい人の特徴は下記ポイントを満たされていない人です。

【入居審査が通りにくい人の特徴】
・家賃が収入の3割以下
・無職の人
・個人事業主(フリーランス)の人
・設立してまもない法人の経営者(資本金や売上により変わる)
・水商売、風俗関連のお仕事してる人
・態度が悪く、他の入居者とトラブルになる可能性のある人
・親族でない他人とのルームシェア(カップル、友達)
・連帯保証人や緊急連絡先にする親族がいない
★過去に家賃滞納やクレカなどの支払い滞納した事がある人

家賃の支払い能力が大事と前述しましたが、申し込みをした物件の家賃が収入の3割以下である場合はほぼ落ちます…これは知らない人が多いので覚えておきましょう 。

求職中で現在お仕事を何もしていない無職の方が借りる場合も、上記と同じく断られてしまう事が多いです。ただ、別の方法で審査を通せる可能性があるので、この記事の最後の方で解説します。

フリーランスや個人事業主の方も収入が証明できれば借りれる場合の方が増えてきましたが、日本はまだまだフリーランスや個人事業主などの業務体制が浸透していないということが背景にあり、社会的信用が低いとみなされ、収入の金額が審査の基準をお超えていたとしても、その収入の証明ができないと審査で断られるケースが多いです。
(確定申告などの金額が、審査基準の金額を超えてればOKですが、超えていない場合は落とされる事が多いので注意)

そして、入居審査の基準金額以上の収入があり雇用形態も正社員で安定されてるにも関わらず審査に通らない場合があります。

それは、過去にクレジットカードの滞納があるなど、信用情報に問題がある場合です。

入居審査に関係のある信用情報について下記の記事にまとめてます。

あとは、家族関係にない複数人の同居(ルームシェア)も敬遠されやすいです。

カップルや友達同士での入居の場合、喧嘩をした時や家を出て行ってしまった場合に、今まで2人で払っていた家賃を1人で払う事になり、それが理由で家賃を払えなくなったり滞納してしまう可能性があるからです。※ルームシェアの場合は「ルームシェア可」の物件を探すと比較的通りやすいです。

そして、上記のリストには入れませんでしたが、木造アパートや1Kなどの単身用のお部屋を借りる際は、お子様がいると審査に通らない場合があるので注意。

理由として、単純に子供がうるさくしてしまった際に、住民同士でのトラブルに繋がる可能性があるからです。このような場合は、ファミリータイプの物件を選ぶと良いです。(お部屋の壁が厚く隣のお部屋に声が響きづらいです)

入居審査で必要な書類とは?

物件によって内容は変わりますが、大体の賃貸物件で、まず入居申込書の記入をお願いされます。

【入居申込書の記載内容】
・入居者の住所、電話番号、性別、生年月日
・勤務先の名称、電話番号、住所、業種
・入居者の年収、勤続年数

【連帯保証人が必要な場合は下記書類も必要】
・連帯保証人の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日
・連帯保証人の勤務先の名称、電話番号、住所、業種
・連帯保証人の年収、勤続年数、借主との関係

そして、次に入居審査する前or入居審査中の段階で不動産会社に下記の書類を提出する必要があります。

【審査時に提出する書類】
・収入証明書(源泉徴収票のコピー、確定申告書のコピーなど)
・身分証明書(運転免許証のコピー、保険証のコピーなど)
・内定通知書
※保証人が必要な場合は下記書類も必要
・保証人の収入証明書(源泉徴収票等のコピーなど)

提出書類は、本人確認書類として運転免許証あるいは保険証のコピー、収入を証明する書類として源泉徴収票や課税証明書、個人事業主の場合は確定申告書を求められることが多いです。

物件によって、提出する書類など異なる場合があるので、申込する前に不動産屋さんに確認しておきましょう!

 

まとめ

ここまで、賃貸契約の入居審査について解説してきました。

入居審査では、「借主の人柄・応対態度」、「家賃の支払い能力」、「連帯保証人の意思確認」の3点が重要なことがわかりましたね。それらをふまえしっかりと準備した上で、入居申込を行うようにしましょう。

もし、入居審査に不安、相談にのってほしいなどがあれば、東京23区エリアですとお力になれますので、お気軽にお問い合わせください!

 

『部屋探しはどこの不動産屋も同じだよなぁ』と思っていませんか?

  • 「扱ってる物件はどの会社もほぼ同じ」は本当。
  • 同じ物件なのに、契約する会社によって費用が違う。
  • 相談する会社を変更するだけ10万円以上安くなる場合も。

\不動産会社によってサービスや価格は全然違います!/

物件の良し悪しをちゃんと教えてくれて、
入居審査の相談にものってくれて、
家賃や初期費用の交渉もしてくれる会社があれば…
賃貸の契約で損したくない…

と思ってる方は、是非一度ご相談ください。

一律報酬の不動産屋だからこそできるサービスと納得価格でしっかり理想のお部屋を見つけられるようにサポートさせて頂きます!

line問い合わせichikari

 

中野由妃絵

一律報酬の不動産屋「ichikari(イチカリ)」代表、宅地建物取引士、不動産業界歴8年。20年12月に株式会社MIRANOBE(ミラノベ)を設立、『部屋探しで知らずに損をしているお客様が多いこの現状を変えたい。』をコンセプトに、21年2月にイチカリを立ち上げ、webメディア「お部屋探しの教科書」を運営するほか、お部屋探しアドバイザーとしても活動中。 なかゆーというあだ名でSNS発信、総follower3.5万人突破。

関連記事

「お部屋探しの教科書」とは・・

お部屋探しのプロたちがお部屋探しを始めたい人や、初心者のために不動産知識や部屋探しの話を基礎からわかりやすく解説してるメディアサイトです。

一律報酬の不動産屋「ichikari(イチカリ)」が運営しており、当サイトの記事は全て部屋探しの専門家が監修しております。

人気記事ランキング

  1. 【お部屋を借りる】最低限知っておくべきポイント”準備金と全体の流れや段取り”を解説!《保存版》

  2. 【保存版】引越しが決まったらやること25選 | 一人暮らしの引っ越しスケジュール&準備やること2022年最新版!

  3. ゴキブリが出やすいアパート・マンションの特徴5選!条件や対処法を解説

  4. 【引越し準備】引越し先へ郵便物を無料で転送する方法とは?e転居や転居届について解説!

  5. 【全部でいくら?】賃貸契約で発生する初期費用について徹底解説!どのタイミングでいくら払えば良いか?どれくらい安くできるのか説明!