【賃貸の火災保険ってなに?】賃貸契約なぜ火災保険に加入しないといけないのか?

 

賃貸契約をする際に、必ず加入を求められる火災保険。
火事を起こしてしまったり、近隣のもらい火に巻き込まれてしまったりしたとき、私たちは大きな損害を被ることになります。

火災保険は、そうした誰にでも起こりうる火災のリスクへの備えです。
でも本当に必要なものか、保険料は適正なのか。言われるがままに加入してしまうと、無駄な出費に繋がってしまうことがあります。

このような無駄な出費が発生しないように、この記事で火災保険について理解していきましょう。

この記事を読むことによって得られること
・火災保険に加入する理由
・火災保険の意味
・火災保険の適性な料金の理解

火災保険を理解する前に知っておきたい事

スクリーンショット 2020-08-29 14.42.10

一般的に多くの人がお部屋を借りる時に不安になるのが、自分が借りている部屋で火を出してしまって、部屋や建物に被害を与えてしまったら、損害賠償をしなければならないのでは?ということでしょう。

これには民法の「失火責任法」が関係しています。失火責任法では、失火者に「重大な過失」がなければ、損害賠償責任を負わせないことになっています。つまり、自分が賃借人の立場で、火災の火元だったとしても、重大な過失がなければ、大家さんに対して建物の建て替え費用を負担するなどの責任は負わなくてよいというものです。

賃貸の火災保険とは?

 

つまり、隣家、隣室から出た火災によって、自分の部屋に被害があり、部屋、建物が焼失しても、その失火者に家財一式を弁償させるなどはできないということです。このため、大家さんは自分の所有物である賃貸物件には火災・家財保険をかけて、万一の場合に備えています。

スクリーンショット 2020-08-29 14.42.27

一般的に火災保険の補償の対象は「建物」(建物本体やそれに付帯するもの)と「家財」(建物のなかにある家電・家具・衣類など)となっています。

その中でも、通常の賃借人が加入するのは「家財保険」と「借家人賠償責任保険」の2つとなっています。商品名がまちまちなので補償内容が分かりにくい一面もありますが、大きくは、この2つの契約内容をチェックすれば大丈夫です。

火災保険には「家財保険」と「借家人賠償責任保険」の2つに加えて、日常のトラブルに対応する「個人賠償責任保険」があります。これは自動車保険などほかの保険で加入していれば賃貸物件で加入する必要はありません。

 


『家財保険』

家財保険は、文字通り、自身の所有する家電、家具、衣類などの損害を補償するもので、これが賃貸の場合の火災保険の基本とります。つまり、入居者の家財一式の補償ということになります。
補償される損害原因は、火災、落雷、爆発、水害、水漏れなどが主な対象で、家財や現預金の盗難も対象となるのが一般的。このほかに、被害に遭った場合に、使えなくなった家財を片付ける費用が実費で支払われるなど、補償内容は多岐にわたっています。この保険は「自分の財産のために入るもの」という考えになります。


『借家人賠償責任保険(特約)』
借家人賠償責任保険(特約)は簡単にいうと、貸主(大家)のために加入するものです。火災や爆発、漏水などによって借りている部屋に損害を与えてしまったときに、原状回復するための費用を補償するというもの。補償対象は、あくまでも自身が借りている部屋に損害を与えた場合に限られるので、例えば自分が火事を起こして、隣の建物に損害を与えた場合は、この保険(特約)では補償されません。


『個人賠償責任保険(特約)』
個人賠償責任保険(特約)は、火災で隣家に損害を与えてしまう場合などに備える保険です。この保険は、日常生活のトラブル(身近な事故)を補償してくれるもの。例えば、他人に大きなケガを負わせてしまったり、他人の高価な所有物を壊してしまったりしたとき、高額な損害賠償責任を負うことになります。そのような日常生活のなかで起こる損害賠償などが対象です。
この保険は、自動車保険や損害保険の特約として加入することが多いので、すでに加入している保険があればチェックして、補償が重複しないように気を付けましょう。

火災保険に加入しないといけないの?

スクリーンショット 2020-08-29 14.42.44

火災保険に加入しないといけないの?という疑問に対して、結論、加入しないといけません。

これまで説明した通り、火災保険に入らないで万一火災などの大きな事故を自分が起こしてしまった場合、建物自体は大家さんの火災保険でカバーできるとしても、自分の家財や修復費用、隣家への補償などは、大家さんの火災保険には頼れないからです。ですので、賃貸契約の際に火災保険に加入するのは必要なことです。

しかし、不動産会社におすすめされたプランに加入してしまうと、無駄な費用がかかる場合があります。

本来、所有している家財などは、人それぞれで補償金額も異なるのですが、大抵の場合は、すべてがセットされた特定のプランしか提示されないことが多いです。

不動産会社は特定の保険代理店と契約している場合があり、相場に比べて高額な商品や、不必要な補償がついた保険を勧めてくることもあります。

もうひとつ、忘れてならないのは、保険契約の更新です。

不動産会社指定の火災保険であれば、部屋の更新時に火災保険の更新も求められるので、心配はありません。

しかし、ネットで自分で探して火災保険を契約した場合、更新のお知らせなどを見逃し、未保険状態になることがあるので注意しましょう。

火災保険の契約時に、自動更新を選ぶこともできるので、検討してみるのもいいでしょう。

火災保険に加入する際の注意点

スクリーンショット 2020-08-29 14.43.01

火災保険に加入する際の注意点は大きく3つあります。

※注意点
(1)不動産屋に言われるがまま加入しないようにする
(2)引っ越しのときの重複加入に注意
(3)賃貸住宅の場合も地震保険料控除が適用される

(1)不動産会社の提案するプランに安易に加入しないようにする
これまでの解説でも説明してきましたが、火災保険は不動産会社の言われるがままのプランに安易に加入しないようにしましょう。なぜなら、不動産屋が勧めてきた保険の中には、保険料が高額だったり、不要な補償が付いていたりすることもあるので、必ずしも自分にピッタリの保険というわけではないからです。

不動産会社に提案されたプランに加入しなければいけないという義務はないので、数ある商品の中から自分で決めて加入することも出来ます。ですので、その場ですぐに契約するのではなく、一旦保留にしてじっくりと家で考えて検討することをおすすめします。

自分で火災保険を選ぶときには、じっくり様々な保険会社の火災保険を見比べることを心がけましょう。そうすることで、より自分の希望に沿った適切な商品に巡りあえる可能性が高まります。引越しの忙しい時期ですが、不動産屋に言われるがまま契約書にサインするのではなく、しっかり吟味して納得した上で加入するようにしましょう。

(2)引っ越しのときの重複加入に注意
賃貸住宅から賃貸住宅へ引っ越しする際に起きてしまいがちな、火災保険の重複加入。これは、もともと加入していた火災保険の存在をすっかり忘れていて、そのまま新しい保険に加入してしまったというパターンです。

火災保険の契約期間は、1年~10年までの間で設定するようになっています。たとえば2年契約をしていたとして2年以内に引っ越しをした場合、前の火災保険は解約をしなければ、引っ越しをしても契約は継続されます。基本的には転居をしたら新しい火災保険に加入するので、そのときに重複加入が発生します。

火災保険の場合、生命保険とは違って、複数加入していても実際に受け取れる保険金額は評価額が上限となっています。たとえば、評価額が500万円の家財を対象にして、2社の保険会社でそれぞれ500万円の契約を結んでいたとします。この場合、一見して家財が全焼したときには1000万円を受け取れるように思えますが、そうではありません。火災保険の補償の上限は評価額です。したがって、合計で1000万円の複数契約をしていたとしても、支払われるのは500万円までとなります。

もし重複加入が分かった場合、2社分の火災保険に加入していることで無駄に大きい保険料を負担している可能性も高いので、どちらか一方の解約を検討しましょう。これから引っ越しをする方で火災保険選びをするときは、すでに加入している火災保険の契約がいつまでなのかのチェックから始めましょう。

(3)賃貸住宅の場合も地震保険料控除が適用される
地震保険には、地震を原因とする火災や津波などによる損害に備えるといった、火災保険ではカバーしていない部分を補ってくれる役割があります。この補償が欲しい人は火災保険とは別で加入する必要がありますが、地震保険は単体で加入できないため基本的には火災保険の特約という形でセットにして加入することになります。

地震保険は保険料控除を受けることが出来ます。国は地震保険の加入を推進しているので、地震保険に加入した人が税金の還付を受けられる「地震保険料控除」という制度を設けています。もちろん賃貸の火災保険でも「地震保険」をセットにすれば適用されます。地震保険をセットで加入した人は、保険会社から控除証明書が送られてくるはずなので、年末調整や確定申告の時期まで大切に保管しておくようにしましょう。火災保険は保険料控除対象外なので、地震保険を付帯した人は要チェック事項です。

火災や地震などの被害に遭ったとき、当面の生活を立て直すためには、火災保険、地震保険は頼りになるものです。しかし、賃貸物件もさまざまな観点で物件選びをするように、保険についても、補償内容をきちんと理解し、比較検討することが大事。万一に備えるための保険は安心につながると同時に、困ったときに本当に使えるものでなければ意味がないのでじっくり考えて加入するようにしましょう。

ShimomachiTaisei

ShimomachiTaiseiTaisei Shimomachi

記事一覧

1997年8月生まれ。映像作家として活動。高校卒業して大手非金属メーカーに就職。4年半勤務した後、退職しフリーランスとして映像の仕事をスタート。現在はMV、PV制作以外に賃貸物件のルームツアー動画や、YouTubeに掲載するような動画の制作をしています。企画構成から撮影編集まで一貫して行っています。たまにライターとしてのお仕事や、写真撮影、デザイン関係の仕事もしています。

関連記事

「お部屋探しの教科書」とは・・
 
お部屋探しのプロたちがお部屋探しを始めたい人や、初心者のために不動産知識や部屋探しの話を基礎からわかりやすく解説してるメディアサイトです。
 
一律報酬×オンライン不動産屋「ichikari(イチカリ)」が運営しており、当サイトの記事は全て部屋探しの専門家が監修しております。