【デザイナーズ賃貸とは?】メリット・デメリット解説!おしゃれなマンションを探すコツとは〇〇?

デザイナーズマンションと聞くと、家賃が高いのではないか?など思う方がいると思います。本当のところどうなのでしょう?

また、手軽に住み替えることのできる賃貸マンションで、1度はおしゃれなデザイナーズマンションに住んでみたいという願望がある人も多いと思います。

この記事では探し方やメリット注意点などを解説していきますのでしっかりチェックしていきましょう!

 

この記事を読むことによって得られること
・デザイナーズマンションの意味
・デザイナーズマンションの特徴
・デザイナーズマンションの探し方や注意点

デザイナーズマンションとは?

デザイナーズマンションとは?
デザイナーズマンションとは、建築家やデザイナーがコンセプトを決め、設計・デザインしたマンションのことを指します。

また、立地や敷地の魅力を最大限に活かしている物件のこともデザイナーズマンションということもあります。とは言っても、すべてのマンション・アパートは、建築家が設計し、デザインしているわけですから、基準はとても曖昧で、法律や、不動産業界全体の決まりごとがあるわけでもありません。

ですので、少しおしゃれな内装=デザイナーズマンションと言われていることが多いです。

メリット

・何もしなくてもおしゃれ。人を招きたくなる。
・ 天井が高い、窓が大きいなど、「開放感」を考えられた間取りが多い。
・ 家賃が高いので共用部がしっかり管理されていて、住んでいる人の層も良い。

デメリット

・コンクリート打ちっ放しの壁が多く、夏暑く、冬寒い。
・バストイレ一緒、バスルームがガラス張りなど、変わったタイプが多い。
・窓が大きかったり、玄関がガラス張りだったりと開放感がありすぎることも。
・ベランダがない、またはベランダに洗濯物を干せない場合がある。
・収納が少ないタイプが多い。

ichikariジェント
ichikariジェント
変わったデザインが多いので、人によってはデメリットになったりする場合がありますね。
デザイナーズマンションの探し方や注意点

 

スクリーンショット 2020-09-08 19.33.27

デザイナーズマンション情報を中心に掲載しているwebサイトのチェックは、手軽で早いと思います。

また、最近ではInstagramやYouTubeなどに情報を掲載している不動産会社も多いのでチェックしてみるのもいいと思います。

デザイナーズマンションは、部屋数も限られていますので、サイトで気になる物件を見つけた場合は、早めに問い合わせて頂くことをお勧めします。

ichikariジェント
ichikariジェント
デザイナーズマンションに引越ししたいと思っている方は、頻繁にサイトをチェックすることをおすすめします。

理由は、賃貸マンション、アパートのような一般住宅の引越しの一般的なピークは春ですが、デザイナーズマンションは、時期にかかわらず気に入ったお部屋があれば引越したいという方が多いからです。

一般住宅に比べて、いい物件はなくなるスピードが早いので注意しましょう。

 

ShimomachiTaisei

ShimomachiTaiseiTaisei Shimomachi

記事一覧

1997年8月生まれ。映像作家として活動。高校卒業して大手非金属メーカーに就職。4年半勤務した後、退職しフリーランスとして映像の仕事をスタート。現在はMV、PV制作以外に賃貸物件のルームツアー動画や、YouTubeに掲載するような動画の制作をしています。企画構成から撮影編集まで一貫して行っています。たまにライターとしてのお仕事や、写真撮影、デザイン関係の仕事もしています。

関連記事

「お部屋探しの教科書」とは・・
 
お部屋探しのプロたちがお部屋探しを始めたい人や、初心者のために不動産知識や部屋探しの話を基礎からわかりやすく解説してるメディアサイトです。
 
一律報酬×オンライン不動産屋「ichikari(イチカリ)」が運営しており、当サイトの記事は全て部屋探しの専門家が監修しております。