不動産業界が抱える課題〜オンライン不動産屋ichikariの原点について語る

▍不動産業界が抱える課題

なかゆー|YUKIE NAKANO noteより

 

「初期費用が思ってた金額よりも高くて驚いた。契約の直前に言われたからもう払うしかないが、本当に払う必要があるお金なのかわからないまま請求されて不信感しかなかった。」

「不動産屋に足を運ぶと、物件の特徴ばかり説明され、どれが良いのか基準もわからず言われるがままに進めて半日は潰れる。何件も内見に行き、疲れた果てに面倒になり投げやりで決めた。」

「ポータルサイトで良い物件を見つけたので複数社に問い合わせをしたら、募集中と言う会社と終了と言う会社がいて、どれが本当の情報かわからなかった。募集中と言う会社の事務所に行くと”募集は終了した”と言われ別の物件を紹介されるも希望の物件は見つからず時間を無駄にした。」

残念ながら、不動産業界ではこういったやりとりが日常茶飯事です。と中野さんは語ります。

ichikariの原点
真のカスタマーファーストとは
AIには代替できない価値つづき読む・・

 

関連記事

「お部屋探しの教科書」とは・・
 
お部屋探しのプロたちがお部屋探しを始めたい人や、初心者のために不動産知識や部屋探しの話を基礎からわかりやすく解説してるメディアサイトです。
 
一律報酬×オンライン不動産屋「ichikari(イチカリ)」が運営しており、当サイトの記事は全て部屋探しの専門家が監修しております。